竹原健二p3-bbff%e8%a9%95%e8%ad%b0%e5%93%a1%e3%80%80%e7%ab%b9%e5%8e%9f%e5%81%a5%e4%ba%8c

疫学者 国立成育医療研究センター 政策科学研究部 政策開発研究室 室長

臨床疫学部 EBM推進室 室長

妊娠・出産・育児期の家族を取り巻く環境の改善や、ケア・サポートの質の向上に資する科学的根拠を作り出している。

近年は、「父親の産後うつ」に関する研究もおこない、過度なイクメンブームに警鐘を鳴らす。

 

〈竹原評議員よりメッセージ〉

「フレンドリー」という言葉が使われるケースは、主に2種類に分けられます。一つは
、すでに使いやすく、優しい環境になっていることを指すケースで、もう一つは、現時
点ではまだ十分に優しい環境とは言えないので、優しい環境を目指そうとして使われる
ケースです。
では、「ベビー&バースフレンドリー」はどちらのケースに該当するでしょうか。残念
ながら、まだ後者に近いと言わざるをえません。いつか、「ベビー&バースフレンドリ
ー」が当たり前の社会になってほしいのです。そして、わざわざ「ベビー&バースフレ
ンドリー」と謳わなくても良い日が来てほしいのです。本財団の活動を通じて、そうし
た社会の実現に少しでも貢献できれば幸いです。