光畑由佳p3-%e7%90%86%e4%ba%8b-%e5%85%89%e7%95%91%e7%94%b1%e4%bd%b3

倉敷出身。美術企画、建築関係の編集者を経て、1997年、自身の電車内での授乳体験をきっかけに、産後の新しいライフスタイルを提案する「モーハウス」の活動を開始。
社会と子育てをつなぐ環境づくりのため、授乳服の存在を国内に広めてきた。

同時に自社で実践する「子連れワークスタイル」は古くて新しいワークスタイルとして国内外から注目され、女性のチャレンジ賞など受賞歴多数。
ネパールでの女性の仕事の創出、乳がんを含むユニバーサルデザインブラの開発等に取り組んでいる。
「暮らしの質向上検討会」など政府関係の有識者会議委員ほか、2014年には北京で開かれた「APEC女性と経済フォーラム」で日本代表の一人としてスピーカーを務めた。

茨城県ユニセフ協会評議員。筑波大学大学院非常勤講師。三児の母。

 

〈光畑理事よりメッセージ〉

社会と子育てをつなぐ活動を、授乳服・子連れ出勤という形で1997年から続けています。多くの女性が、子育てと仕事の両立に困難を感じています。大学での講義の際に聞けば、ほとんどの学生が、子育てと仕事の両立は難しそうと答えます。
しかし、今、多くの企業や組織が、女性の力を必要としています。女性にとっても、産み育てる子育ての経験は、仕事におけるスキルともなります。そして、インターネット等の技術により、さまざまな人生のステージにおいても働き続けることが可能となってきました。
子育てと仕事が分断されてきたこの数十年で、私たちは本来力を持っていることを忘れてしまったのかもしれません。でも、私たちの活動の写真を見て聞くだけで、学生たちの表情は希望に満ちてきます。子育てと仕事は、本来共にあったものだということを、学生たちは感じるのでしょう。そのシンプルな真実を、社会も企業も私たちも取り戻していけるよう、共に力を尽くしたいと思います。