ベビー&バースフレドリー財団とは

ミッション

「地域も職場も、新しい命を喜んで迎える社会」

ビジョン

産みやすい=バースフレンドリー

出産環境や育児制度を充実させ「産み育てる」ということを、無理なく自然にできる社会が、少子化対策につながります。

育てやすい=ベビーフレンドリー

職場や地域が一緒になって、子どもを育てていく環境や体制を整えることが、女性の活躍につながります。

ベビー&バースフレンドリー財団では、産みやすく育てやすい社会環境を整えることが、少子化対策・女性活躍推進につながると信じ、そのための啓蒙活動、研修事業、育児支援事業を行っております。

 

事業概要

顕彰活動

研修事業

少子化対策・育児支援事業

研究活動

 

代表挨拶

p3-%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e7%90%86%e4%ba%8b-%e5%a4%a7%e8%91%89%e3%83%8a%e3%83%8a%e3%82%b3-1

代表理事 大葉ナナコ

もっと「働きながら、産み育てやすい」社会になれば、 女性たちも安心して子どもを授かり、 育てながら仕事にも邁進できる環境が形成され、 日本全体が相乗的に元気になっていくと思いませんか? 2010年、社会学の第一人者であるシカゴ大学の山口一男教授が 『女性の第一子出産動機の一位は「職場の支援があること」』という 調査研究結果をお話してくださいました。 最新の日本の調査でも、妊娠出産退職した正規雇用者のうち 「働き続けたいが止むを得ず退職」は80%を越え、 「風土がなかった」が出産退職理由の1位でした。 キャリアと出産の両立をする女性が増えてほしい。 産み時を迷っている女性たちがいたら、伝えてあげたいことがある。 その想いで、『ベビー&バースフレンドリー財団』を設立しました。 すべての新しい命は、“私たちの未来”です。 女性活躍推進で内需を拡大しながら、少子化も改善するために、 “地域”も“会社”も一体となって 『ベビー&バースフレンドリー』な社会を共に創っていきましょう!

 

財団概要

財団名:一般財団法人 ベビー&バースフレンドリー財団

事務所:〒151-0064 東京都渋谷区渋谷区上原1-35-7 KUDO B.L.D 201号

代表者:大葉ナナコ

設立日:2014年8月1日